難病からの…

ある日突然難病になりました。
ギラン・バレー症候群

転院

しばらくすると、旦那が戻って来た。

周りは見えないけど、ぼんやりと姿は見える。


「先生…なんて?…ヤバイ?」


そう聞くと、


「まだちょっと分からない」


「調べて…調べて…」

(携帯で今すぐ調べて‼︎‼︎)



呂律が回らなく喋るのも苦しいので、少ない言葉で言うのが精一杯だった。


今の私の状態今後。


全てが不安と、“難病“と言う言葉を聞いた瞬間から全てが真っ暗になった。


私はどうなるの?子供は…?


何も分からないまま時間を過ごした。


しばらくすると先生が戻ってきた。


「ここの病院、近くの病院、全て受け入れられないので、遠くになってしまいます。」


また先生がいなくなった。


色んな病院に電話をして受け入れ先を探している。


準備が出来た様で救急隊が来た。

再び救急車に乗り旦那も乗り込んだ。


後ろの扉を閉める寸前に先生が乗って来た。


「これから大変ですが、頑張って下さい!」

そう言って手を握ってくれた。


顔は見えなかったけど、その言葉の意味はその時は分からず、頷いた。


その先生のその言葉は人間味があり、今でも胸が熱くなります。


サイレンを鳴らしながら走って行く、音だけで

(あっ今大通りかな?)

など考えていると20分程で着いた。

再びストレッチャーで病院内に入ったが、目が見えなかったので、景色など分からない。


救急の部屋で待っていると神経内科の先生が2人ほどきた、

「目で追って下さい」そう言って何かを動かしていたが、涙が止まらず、見えない。


その間あとはハンマーで関節を叩く。


針見たいなもので肌を突く。

まるで実験されてるかの様で結果が気になる。


そして、振動する金属を体中に当てられ、

「これ分かりますか?」


首を横に振る。


胸に当てられ

「分かりますか?」

全く分からなかった。何をしてるんだろう?

謎ばかり。すると


「これは分かりますか?」


おでこに金属を当てられると、


「ブゥゥゥゥー‼︎」


驚いた。

骨が振動した。


おでこ以外体の感覚が分からなかった。