難病からの…

ある日突然難病になりました。
ギラン・バレー症候群

異変

いつも通りの朝、目が覚めそろそろ子供たち達の支度をしなきゃとぼんやり布団の中で考えていると、異変に気がつきました。

身体がダルい。

脚が何となく重い。

(仕事ダルいな。最近忙しかったからな)

と布団から出ようと立ち上がり階段を降りました。

この時は何となく身体がダルい程度、

子供たちを送り出し次は自分の支度をして、仕事へ向かいました。

いつも通り仕事をこなしていると、やっぱり身体がダルい。それに加え何か脚から腕がゾワゾワする。

(悪寒だ!これは風邪引いたか熱でるぞ!)と思い、すぐ周りのスタッフや上司に言いました。

「身体がだるくて熱っぽいです。」

するとすぐに上司から

「裏に体温計あるから測ってきな‼︎熱あるなら無理しなくていいから早く上がっていいよ」と言ってくれしまた。

すぐに裏に行き体温計を脇に挟み、しばらくすると、「ピピピッ」

体温計が鳴り見ると、36.5度。

熱もなくすぐに上司の所に行き、

「熱、全然ありませんでしたー!」

と言うとみんな笑ってました。

しかし午後になり今度は目眩が…

同僚に「なんか、目眩するんだよね」と言うと「私も良くなるよー!目つぶったほうがいいよ!」と教えて貰ったりしたが良くならず、仕事が終わったので、「お先に失礼しまーす‼︎」と言い車に乗り込みました。